1万トンの待雪草を、彼女に

メンタルヘルス系のコアな情報と、繊細すぎるわたしの日記と。臨床心理士(カウンセラー)の傲慢さと異常性を広く知ってほしい。これは社会問題だという認識です。苦しめられている方、あなたは悪くない。もっと怒っていい。 「――みんなのメンタルヘルスが平和でありますように」

【画像】自分を隠して攻撃する胡散臭いクズ臨床心理士(カウンセラー)たち。その馬鹿な手口がよくわかる画像と動画。

こんにちは、スノードロップです。

ニュースサイトでネットの炎上を風刺した面白い画像ACジャパンによる)が話題になっていました。その匿名的に自分を隠して、自分を棚に上げて一方的に攻撃している様子が臨床心理士(カウンセラー)の態度に実によく似ていると感じたので、ご紹介します。

 

悪意ある言葉が、人の心を傷つけている

 

nlab.itmedia.co.jp

動画・テレビCM版はACジャパンのサイトより見ることができます)

 

臨床心理士(カウンセラー)の典型的な手口として、誰でもやるような行動を執拗に異常なものであると攻撃したり、人間なら誰にでもある欠点を拡大解釈してきます。これがこの画像・CMに実によく似ています。

 

以下、上記の記事より引用。

 川で洗濯中に大きな桃が流れてくるところまでは、皆が知る桃太郎と同じ。しかしおばあさんが桃を拾うなり、「窃盗だろw」「子どもがまねしたらどうするんだ」「桃の気持ちを考えたことがあるのか」「早く謝ってください」「家族も許すな!」「背景から住所分かるかも」など、見えない相手からの強い言葉が応酬されます。

 

見えない相手」……実に臨床心理士的です。そして、クライアントの性格や行動は、たいていの場合、「川で洗濯中に大きなものを拾うおばあさん」と大差はないのです。人間、みんな悪い心や欠点を持っています。完璧な人なんていません。「みんなちがって、みんなダメ」なのです。

もちろん、臨床心理士が言うような極悪で許されざる罪などではありません。それは彼女たちの詐術によってそう誘導されているだけなのです。許されざる罪を犯しているのは、彼女たちの方なのです。

 

あなたが受けているカウンセリングは、本当に効果がありますか? 癒されていますか? むしろ悪化していませんか?

続きを読む

【比較】偉そうで役に立たない精神科医と、信頼できる希少な方との診察室での会話を紹介 | 私はアンチ臨床心理士ですが、今の主治医だけは尊敬しています。

こんにちは、うつ病PTSD現役のスノードロップです。こういう風に自分を形容するのはあまり好きではないんですけどね。

 

さて、今日は1か月ぶりの病院での診察の日でした。信頼している主治医との会話で、印象に残ったことがあったので書いていきます。

 

悪い例。偉そうに笑うだけで、役に立たない精神科医臨床心理士

まず、わたしはアンチ臨床心理士ですが、精神科医にも頭がおかしくて、クライアントを馬鹿にしたり笑ってくるような人がいます。日本の精神医療は崩壊していると言っていいでしょう。

 

心療内科・精神科とは、いかに自分にとって重要なことを言わずに守り通して(でないとダメージを受ける。本質的なことは変わらない創作のエピソードを話すこともわたしはしています)、かつ症状はうまく伝えて必要な薬をもぎ取るかという場所になっています。

クライアント(患者)側にも戦略が必要です。彼らが未熟な分、こちらが大人にならなければなりません。

 

わたしも、一番つらい時期に精神科医に暴言を吐かれたことがあります。今でもその時のことはよく覚えています。機嫌が悪かったのか知らないけど、診察室に入った瞬間から「何しに来たの? なるべく来ないでください」と言われたり、わざとらしく大げさなため息を聞こえるように、威圧的につかれたことも何度もあります。

そのときのことは、PTSDのフラッシュバックにもよく出てきます。傷ついています。人を癒す職業のはずなのにね。実際にやっていることは真逆だった。

 

しかし、わたしは幸運にも、信頼できる今の主治医に出会うことができました。これは本当に幸運なことだと思います。

精神科医やカウンセラーが「自分を馬鹿にしている」「笑ってくる」「頭がおかしい」「役に立たない・回復していない」と思ったら、早めにその人を見限って、他をあたることをおすすめします。でないと悪化するかもしれません。

続きを読む

セルフEMDR 3回目の振り返り。複雑性PTSDへの効果は?適切なセッションの間隔とは?

どうもスノードロップです。最近暑くなってきましたね(定番すぎる挨拶)。

 

PTSDのトラウマ治療に効果があると言われているEMDR(自分でできるセルフ)を昨日行いました。その振り返り(効いたのか効かないのか、感じたことなど)を書いていきます。

 

EMDRについて、詳しくはこちら。わたしの1回目、2回目についても。

【体験談】トラウマ治療に効果あり。自分でできるセルフEMDRをやりました - 1万トンの待雪草を、あなたに

 

なお、わたしは専門家ではありません。自分で軽く調べた範囲の事柄と経験を語っているだけなので、信頼性を保証できません。書かれていることは吟味して、真似しないでください。

(本当は、信頼できる専門家による書籍や論文も調べてみたいのですが、わたしもPTSDとうつを患っているので、そこまでやる余裕がありませんでした。

こういうときこそ、専門家の出番だと思うのですが、日本の心理士たちは強すぎる自己愛で現実認識が歪んでいる頭のおかしい人があまりにも多すぎる。クライアントの姿や、社会の現状なんてまるで見えていない。目を塞いでいては見えないし、聞く耳を持たない人が聴こえないのは当たり前だと思うよ。

クライアント側としては、自分で勉強して、判断して、自衛して回復していかなければならない。まあ、セルフEMDRにたどり着いて、こんな開設したばかりのネットの辺境のブログを読んでいる方には釈迦に説法だと思いますが。お互い大変ですね……)

 

まず考えたこと。セルフEMDRはどれくらいの間隔で、どれくらいの時間で行うべきなのか?

ネット上で調べた範囲では、なかなかこれらに関する情報が見つかりませんでした。

 

でも、信頼できそうな専門家によるEMDRで、遠方からのクライアントで、1日の中の午前と午後で2回のセッションを行ったという事例がありました。

 

なので、EMDRセッションの間隔や、1回のEMDRを行う時間(実際に動画や光を見る時間。多くの場合、だいたい20分~50分くらいかな?)ついてはそれほど神経質に気にする必要がないのかなと思っています。

 

わたしが実際に行った結果

わたしが実際に試してみた結果を書いていきます。

 

わたしは1回目(20分)と2回目(40分)のセルフEMDRを2日の間隔で行ったのですが、2回目のあとの反動(憂鬱さやだるさ)がやや大きくなったような感じがしました(とはいえ、危険なレベルではない。日常生活に大きな支障はない)。

この原因ははっきりとはわからないのですが、EMDRの間隔が短すぎるのかもしれないということを疑いました。40分という時間の長さという可能性も考えられます。ここらへんは、個人差が大きいのだと思います。自分の体や心の様子を注意深く観察してみてください。

念のため、3回目は少し期間を置くことにしました。

 

そして、3回目のセルフEMDRを行いました。時間は25分ほど。

わたしはおそらく複雑性PTSD(外傷体験が単一ではなく、継続性がある)で、中心となる外傷体験は臨床心理士によって繰り返されたハラスメント行為・言葉の暴力であり、それに比べればかなり落ちるのですが、他にも小さな外傷体験(トラウマ)がいくつかあります。それらにもEMDRの途中、意識が飛んでいきます。前の記事にも書きましたが、効いているときは"響く感覚"があります。

 

毎回そうなのですが、やった直後はすっきりします。

ただ、しばらくすると今まで思い出さなかったような外傷体験に関する記憶が呼び起こされたりして、憂鬱になったり気分が悪くなったりします。目覚めが悪くなったり、よく眠れないこともありました。

 

2日程度経てば安定し、PTSDのフラッシュバックに対する大きな効果が感じられます。今回も、かなりすっきりしてきたような感覚があります。

以前は何らかの作業をしたり、疲れているときにフラッシュバック(近頃のわたしの場合、まとわりつくような感じ)がとくに起こりやすかった。ひどいときはそうでないときにもかなり頻繁に起こっていたけど。

 

しかし今、このブログの文章をキーボードでここまでタイピングしてきても、フラッシュバックが起こったり、外傷体験が強く想起されるようなことはあまりなくなってきています。

前回の記事(上述)で1番役立ったページとしてリンクした記事では、「無機質な、雑誌のような本の1ページに印刷されて大きな意味は持たなくなる」という表現がありましたが、少しわかるような気がします。わたしはまだ、その状態にまでは達していませんが。いつか、他の記憶と同じように収められた1ページにしていけたらいいですね。

 

時間が経った場合の、自分でできるセルフEMDRの効果の持続性については(あるいは複雑性PTSDに対する効果も)、またこのブログで報告していきたいと思っています。スノードロップでした。

 

こちらもおすすめ

snowdropforyou.hateblo.jp

snowdropforyou.hateblo.jp