1万トンの待雪草を、彼女に

メンタルヘルス系のコアな情報と、繊細すぎるわたしの日記と。臨床心理士(カウンセラー)の傲慢さと異常性を広く知ってほしい。これは社会問題だという認識です。苦しめられている方、あなたは悪くない。もっと怒っていい。(初めての方は、ブログ下部のおすすめ10記事からどうぞ) 「――みんなのメンタルヘルスが平和でありますように」

セルフEMDR 3回目の振り返り。複雑性PTSDへの効果は?適切なセッションの間隔とは?

どうもスノードロップです。最近暑くなってきましたね(定番すぎる挨拶)。

 

PTSDのトラウマ治療に効果があると言われているEMDR(自分でできるセルフ)を昨日行いました。その振り返り(効いたのか効かないのか、感じたことなど)を書いていきます。

 

EMDRについて、詳しくはこちら。わたしの1回目、2回目についても。

【体験談】トラウマ治療に効果あり。自分でできるセルフEMDRをやりました - 1万トンの待雪草を、あなたに

 

なお、わたしは専門家ではありません。自分で軽く調べた範囲の事柄と経験を語っているだけなので、信頼性を保証できません。書かれていることは吟味して、真似しないでください。

(本当は、信頼できる専門家による書籍や論文も調べてみたいのですが、わたしもPTSDとうつを患っているので、そこまでやる余裕がありませんでした。

こういうときこそ、専門家の出番だと思うのですが、日本の心理士たちは強すぎる自己愛で現実認識が歪んでいる頭のおかしい人があまりにも多すぎる。クライアントの姿や、社会の現状なんてまるで見えていない。目を塞いでいては見えないし、聞く耳を持たない人が聴こえないのは当たり前だと思うよ。

クライアント側としては、自分で勉強して、判断して、自衛して回復していかなければならない。まあ、セルフEMDRにたどり着いて、こんな開設したばかりのネットの辺境のブログを読んでいる方には釈迦に説法だと思いますが。お互い大変ですね……)

 

まず考えたこと。セルフEMDRはどれくらいの間隔で、どれくらいの時間で行うべきなのか?

ネット上で調べた範囲では、なかなかこれらに関する情報が見つかりませんでした。

 

でも、信頼できそうな専門家によるEMDRで、遠方からのクライアントで、1日の中の午前と午後で2回のセッションを行ったという事例がありました。

 

なので、EMDRセッションの間隔や、1回のEMDRを行う時間(実際に動画や光を見る時間。多くの場合、だいたい20分~50分くらいかな?)ついてはそれほど神経質に気にする必要がないのかなと思っています。

 

わたしが実際に行った結果

わたしが実際に試してみた結果を書いていきます。

 

わたしは1回目(20分)と2回目(40分)のセルフEMDRを2日の間隔で行ったのですが、2回目のあとの反動(憂鬱さやだるさ)がやや大きくなったような感じがしました(とはいえ、危険なレベルではない。日常生活に大きな支障はない)。

この原因ははっきりとはわからないのですが、EMDRの間隔が短すぎるのかもしれないということを疑いました。40分という時間の長さという可能性も考えられます。ここらへんは、個人差が大きいのだと思います。自分の体や心の様子を注意深く観察してみてください。

念のため、3回目は少し期間を置くことにしました。

 

そして、3回目のセルフEMDRを行いました。時間は25分ほど。

わたしはおそらく複雑性PTSD(外傷体験が単一ではなく、継続性がある)で、中心となる外傷体験は臨床心理士によって繰り返されたハラスメント行為・言葉の暴力であり、それに比べればかなり落ちるのですが、他にも小さな外傷体験(トラウマ)がいくつかあります。それらにもEMDRの途中、意識が飛んでいきます。前の記事にも書きましたが、効いているときは"響く感覚"があります。

 

毎回そうなのですが、やった直後はすっきりします。

ただ、しばらくすると今まで思い出さなかったような外傷体験に関する記憶が呼び起こされたりして、憂鬱になったり気分が悪くなったりします。目覚めが悪くなったり、よく眠れないこともありました。

 

2日程度経てば安定し、PTSDのフラッシュバックに対する大きな効果が感じられます。今回も、かなりすっきりしてきたような感覚があります。

以前は何らかの作業をしたり、疲れているときにフラッシュバック(近頃のわたしの場合、まとわりつくような感じ)がとくに起こりやすかった。ひどいときはそうでないときにもかなり頻繁に起こっていたけど。

 

しかし今、このブログの文章をキーボードでここまでタイピングしてきても、フラッシュバックが起こったり、外傷体験が強く想起されるようなことはあまりなくなってきています。

前回の記事(上述)で1番役立ったページとしてリンクした記事では、「無機質な、雑誌のような本の1ページに印刷されて大きな意味は持たなくなる」という表現がありましたが、少しわかるような気がします。わたしはまだ、その状態にまでは達していませんが。いつか、他の記憶と同じように収められた1ページにしていけたらいいですね。

 

時間が経った場合の、自分でできるセルフEMDRの効果の持続性については(あるいは複雑性PTSDに対する効果も)、またこのブログで報告していきたいと思っています。スノードロップでした。

 

こちらもおすすめ

snowdropforyou.hateblo.jp

snowdropforyou.hateblo.jp