1万トンの待雪草を、彼女に

メンタルヘルス系のコアな情報と、繊細すぎるわたしの日記と。臨床心理士(カウンセラー)の傲慢さと異常性を広く知ってほしい。これは社会問題だという認識です。苦しめられている方、あなたは悪くない。もっと怒っていい。(初めての方は、ブログ下部のおすすめ10記事からどうぞ) 「――みんなのメンタルヘルスが平和でありますように」

個人ブログだけど、Google検索に意見広告(Adwords)を出すことを検討しています。費用とカンパのお願い。そしてブルジョワ家庭の臨床心理士たちの批判。

こんにちは、スノードロップです。

 

ここは個人ブログですが、Googleの検索画面に広告を掲載することを検討しています。いわゆる、意見広告というやつですね。

主張したい内容は、もちろん"臨床心理士(カウンセラー)の異常性"です。

 

まだこのブログは開設したばかりですが、「臨床心理士 傲慢」「カウンセラー 使えない」等のキーワードからアクセスがあります。

このことによって、彼女たちに苦しめられているクライアントの方の心が少しでも安らかになることをわたしは願っています。

 

一方、まだまだ課題は残されています。例えば、「臨床心理士 なるには」等のキーワードにはこのブログの記事を掲載することができていません。普通に記事を書いて上位表示を狙いに行ってもいいのですが、それも限界があります。やれるだけはやっていきますが。

それでは善良で真にセンシティヴな若者の、時間とお金と心が受ける必要のないダメージを受けてしまいます。これはよくある話です。

 

あるいは、「臨床心理士 向いていない」「臨床心理士 辞めたい」等の、同業者の醜さと異常な自己愛に苦しめられている、善良で志のあるカウンセラーたちにも真相を伝えることがなかなか出来ていません(「臨床心理士会 退会」で検索すれば1ページ目に素晴らしい記事が出てくるけど、一歩踏み出そうとしている人にしか伝わりにくい)。

 

さらに、異常な臨床心理士本人が検索しそうなワードに広告を掲載していくという手もある。歪み切って手遅れになった人間を改心させることは無理だろうけど、ダメージを与えて弱体化させることはできるかもしれない。そうすれば彼女たちに苦しめられているクライアントが少しくらいは減るかもしれない。

 

ただ、お金がかかる。そしてわたしは貧乏だ。

一方、臨床心理士たちはそのほとんどがブルジョワの(金持ち)家庭に生まれ育っている。でないと大学院の修士課程を修了するまでの長い期間の学費を支払ったうえで、給料が安い臨床心理士という仕事を選べないからだ。わたしたちの苦労や困難、傷つきなんてまるで理解していない。それなのに、上から目線で全部わかっているかのような口ぶりでマウンティングしてくる。見下してくる。わたしはそれが不快でならない。忸怩たる思いだ。

 

Googleに広告を掲載する(Adwords)の費用は?

検索したところ、参考になりそうな記事がありました。

www.kagua.biz

この記事によると、2985円の費用で、12979回表示され、35回クリック(サイトへの誘導)されたらしいです。

 

クリック数はあまり多くないですね。

ただ、わたしは「臨床心理士が異常である」ということを少しでも伝えられたらいいと思っているので、必ずしもクリックしてブログ記事を読まれないと意味がない、ということはないと思っています。

表示されただけでも十分意味がある。そして表示回数自体は多い。

 

ちなみにツイッターに広告を出した場合の費用は?

検索したところ、良い記事がありました。

mirasin.com

 以下、この記事より引用。

▪︎ご利用金額:¥1,000
▪︎インプレッション:6,204
▪︎結果(クリックのアクション):3
▪︎結果あたりのコスト:¥333

つまり、6204回表示されて、3回クリック(サイトへの誘導)されて、かかった費用が1000円ということですね。

 

商品を売っている企業や個人ブログの宣伝などにとっては、この数字は不満があるのかもしれません。クリック数の対費用効果はGoogle Adwordsに劣りますが(設定や掲載するキーワードによって変わるので、一概には言えないが)、表示回数はこちらに軍配が上がっていますね。

 

では、どういう戦略で臨むのか? 資金はどうする?

わたしとしては、このブログのコンテンツが整った段階で(3か月~半年後くらいを目途にしています。しかし、わたしはうつ病PTSDを患っているので思うように進まないかもしれません)、Google Adwordsに広告を掲載したいと現時点では考えています。やっぱり記事も読んでほしいしね。

 

ただ、資金がありません。5000円くらいしか出せそうにありません。わたしはただの庶民です。

そこでお金にいくばくかの余裕があって、このブログの趣旨に共感している読者さんからも少額(500円とか)でいいのでカンパを頂けないでしょうか。

今はまだ受け付けるシステムを用意していませんが、準備したいと思っています。わたしの行動を応援してほしいです。

 

応援する方法はカンパだけではありません。あなたも、あなたの臨床心理士やカウンセラーに対する怒りと批判をブログに書いていただくことでもいいのです。

それは、他の臨床心理士の悪行に苦しめられている方の癒しにもつながっていくことでしょう。

 

あるいは、わたしのブログの記事をはてなブックマークして頂いたり、ツイッターでツイートして頂くということも支援になりますね。

 

以上です。でも、一番大切なのは記事の質を上げていくことですね。読者の方には癒されてほしいと思っています。そしてSEO対策も。

ここまで読んでいただきありがとうございました。社交辞令でなく、感謝しています。スノードロップでした。

 

こちらもおすすめ

snowdropforyou.hateblo.jp

snowdropforyou.hateblo.jp